PAGETOP
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】マメザヤタケ

まだまだ寒さが続きますが、少しずつ春の気配を感じ始めるこの頃。そんな時期のイベントと言えば「バレンタインデー」がありますね。そこで今回は、カカオを連想させる真っ黒なきのこ「マメザヤタケ」をご紹介します。

マメザヤタケは広葉樹の古木や立木の根元に発生するきのこで、1年中見ることができます。
分布域も広く、日本各地をはじめ全世界的に分布しており、写真のように束になって発生したり、時には群れになって大量に発生したりすることも。
日本各地でみられることから「くろさじたけ」や「くろふでたけ」など地域によって様々な呼び方があり、海外では「死者の指」とも呼ばれています。

高さはおよそ3~7cm程度になり、全体は黒色で光沢はありません。木炭のようなざらざらとした質感で、触ってみると堅いという特徴も。ただ、内部は類白色をしており、成熟に伴い空洞になります。

子実体(写真に写っているいわゆる“きのこ”の部分)は極めて変形しやすく、生育環境によって、すりこぎや葉巻のような形、野球のミットのような形…と様々な形に変化します。
中には、上の写真の中央の個体のように、下部が細く伸びて頭部と柄部に分かれるものもあります。

また、マメザヤタケは胞子の飛ばし方も特徴的。表面の黒くゴツゴツしている部分に無数の「胞子嚢」と呼ばれる胞子が入った袋を形成し、成熟すると表面に小さな孔が開き、黒色で粉状の胞子を噴出します。そのため、成熟したマメザヤタケを触ると、手に胞子がついて黒くなることもあるそうです。

ちなみに、毒性は不明ですが、食べるのには適さないとされています。

*******

立春を過ぎれば暦の上では春。野生のきのこも顔を出し始める、始まりの季節です。
来る春に向けて、私たちも心身ともに準備していきましょう♪

【出典】
・今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)「増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ」株式会社 山と渓谷社,東京
・前川二太郎 編著 (2021)「スタンダード版 新分類 きのこ図鑑」株式会社 北隆館,東京
・本郷次雄 監修 (1999)山渓フィールドブックス⑩「きのこ」株式会社 山と渓谷社, 東京
・今関六也・本郷次雄 編(1989)「原色日本新菌類図鑑(Ⅰ)」株式会社 保育社, 大阪

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら
是非きのこらぼに教えてください♪
きのこ発見!情報を送る

 

◆◇◆マメザヤタケ◆◇◆

マメザヤタケ壁紙PC

マメザヤタケ壁紙SP

以下よりパソコン又はスマートフォンを選択してダウンロードしてください。
パソコン用壁紙(1920×1080)
スマートフォン用壁紙(1080×1920)

▼Windowsの場合
表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合
表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 > 「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

 

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

きのことスナップえんどうのスープ

薄着になるこの時期はダイエットへの意識も高まりますね。きのこは100gあたり約20kcalと低カロリーなうえ、食物繊維が豊富なので腸に溜まった老廃物の排出を促すことでスタイルアップを後押し!また、きのことスナップえんどうには三大栄養素の代謝を高めるビタミンB群が豊富な点も嬉しいポイントです。

レシピを見る