PAGETOP
きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】エノキタケ

本格的に寒い日が続き、気が付けば新しい年を迎える時期となりました。
そこで今回は、新しい年が皆さまにとって実り多き一年になることを願って、冬の寒い時期でも勢いよく・力強く発生するきのこ「エノキタケ」をご紹介します。

エノキタケは一般のスーパーでも手に入るとてもメジャーなきのこ。
しかし、普段目にする“真っ白で細長い”エノキタケは実は品種改良によるもので、野生に発生するエノキタケは写真のような茶色い姿をしています。

野生のエノキタケは、日本各地およびヨーロッパや北米などで見ることができるきのこで、傘の直径は2~8cm程度、生長と共に平らに開いていき、やがて皿状になります。
また傘の表面にぬめりがあるのが特徴で、色は黄褐色~茶褐色。色やぬめりの特徴から一見すると「なめこ」にも似ており、地方では「○○なめこ」と呼ばれることもあるそうです。

一方、傘表面の茶色とは対照的に、傘の裏側の「ヒダ」は白色~クリーム色をしています。また柄の長さは2~9cmほどで、付け根の部分が黒褐色になるという特徴もあります。

また、晩秋から春という寒い時期に発生するのも特徴で、冬の時期、カキやコナラ、ヤナギなど様々な広葉樹の切株や枯れ木に、多数の子実体が束になって発生します。
冬に発生するきのこはほとんどないため、昔から冬の間の貴重な食料として重宝されていたのではないか・・と想像できます。束になってたくさん発生するところも喜ばれたかもしれません。

ちなみに、日本各地で発生することから、様々な地方で「ゆきのした」「とちなめこ」「ふゆたけ」等、いろいろな呼ばれ方をしています。名前に「ゆき」「ふゆ」とつくところからも、昔の人も、冬に発生するところが印象的であったのかもしれませんね。

*******

新しい年も、皆様が力強く、より良い一年をお過ごしいただけますように。
2023年も毎日の「きのこで菌活」とともに、きのこアルバムもお楽しみいただければ幸いです!よろしくお願い申し上げます。

【出典】
・今関六也・大谷吉雄・本郷次雄 編(2011)「増補改訂新版 山渓カラー名鑑 日本のきのこ」株式会社 山と渓谷社,東京
・前川二太郎 編著 (2021)「スタンダード版 新分類 きのこ図鑑」株式会社 北隆館,東京
・本郷次雄 監修 (1999)山渓フィールドブックス⑩「きのこ」株式会社 山と渓谷社, 東京
・今関六也・本郷次雄 編(1989)「原色日本新菌類図鑑(Ⅰ)」株式会社 保育社, 大阪

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら
是非きのこらぼに教えてください♪
きのこ発見!情報を送る

 

◆◇◆タマシロオニタケ◆◇◆

タマシロオニタケ壁紙PC

タマシロオニタケ壁紙SP

以下よりパソコン又はスマートフォンを選択してダウンロードしてください。
パソコン用壁紙(1920×1080)
スマートフォン用壁紙(1080×1920)

▼Windowsの場合
表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合
表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 > 「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップしてください。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

 

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

きのことスナップえんどうのスープ

薄着になるこの時期はダイエットへの意識も高まりますね。きのこは100gあたり約20kcalと低カロリーなうえ、食物繊維が豊富なので腸に溜まった老廃物の排出を促すことでスタイルアップを後押し!また、きのことスナップえんどうには三大栄養素の代謝を高めるビタミンB群が豊富な点も嬉しいポイントです。

レシピを見る