close

シェフのスペシャルレシピ

霜降りひらたけと玉ねぎのとろ玉丼

調理時間
45分
エネルギー
872Kcal(1人分)

材料 4人分

霜降りひらたけ > 2パック
玉ねぎ > 大玉1個:250g
キャベツ 200g
タレ 酒 1カップ、みりん 1カップ、しょうゆ 1カップ、砂糖大さじ1と1/3、
ウスターソース大さじ1、かつお節10g
揚げ油 適量
小麦粉 適量
2個
生パン粉 適量
ご飯 800g
温泉卵(市販品)
最下部に記載のレシピで手作りも可能。
4個

作り方

  1. 霜降りひらたけを食べやすい大きさにほぐす。玉ねぎは繊維にそって薄めのスライスにする。キャベツは千切りにする。

  2. 鍋に、酒とみりんを入れ煮切る(5分ほど沸騰させ、アルコールを飛ばす)。そこに、しょうゆ、砂糖、ウスターソース、かつお節を加え少し煮つめたら、火を止めて粗熱をとる。粗熱がとれたら、ソースを茶こしやさらしで濾して鍋に戻す。
    ※かつお節がなければ、市販のかつおだしでの代用も可能。その場合は濾す必要はありません。

  3. 熱したフライパンにサラダ油を敷き、玉ねぎを入れ、塩少々(分量外)を振り、炒める。キャベツは皿に乗せて、ラップはかけずに電子レンジ(600w)で1分加熱する。

  4. 霜降りひらたけに、小麦粉、卵、パン粉の順に衣をつけ、油で揚げてフライを作る。

  5. 揚げた霜降りひらたけが熱々のうちに(3)の鍋に入れ、タレを絡ませて器にとっておく。

  6. 丼にご飯、玉ねぎ、キャベツの順に盛りタレを軽くまわしかける、霜降りひらたけのフライを並べ、真ん中に温泉卵を落として完成。

【手作り温泉卵でもっとおいしい!】温泉卵の作り方
  1. 【材料】玉子 4個
  2. たまごは常温に戻しておく。
  3. 鍋にお湯を沸かし、温度計でお湯の温度を計り、58度を目安に調整する。
    そのお湯に、常温のたまごを25分入れておく。
  4. 鍋をごく弱火にかけ、お湯の温度を58度に保ちながら、たまごを25分入れておく。
  5. 25分経ったら完成!

その他の特選レシピ

今おすすめのきのこレシピ

生どんことみょうがの甘酢漬け

気圧や気温の変化で不調を感じやすい季節の変わり目は、自律神経を整える「腸活」を意識しましょう。きのこに含まれる食物繊維は腸をキレイにしてくれます。また、湿気が多く食欲が減退しがちな梅雨には、疲れをとる、結構改善などがある酢を使ってさっぱりとした味の甘酢漬けはぴったり。肉厚な生どんこと旬のみょうがで季節の変わり目を乗り切りましょう!

レシピを見る