暮らしの中の笑顔、美のある「暮らし」。

vol.06 今治タオル

風光明媚な四季が織りなす情景、おもてなし文化に根ざした情緒。
美しさに彩られた国、日本。

日本には、笑顔あふれる暮らしを営むための、美しく、素晴らしい「技」と「心」が受け継がれています。

幸せな日々の暮らしに欠かせないのは、家族の「健康」。
その健康を支えるのもまた「暮らし」です。

豊かな毎日の暮らしを支える、日本の技にスポットをあてた、
感動の「美」ストーリーをお届けします。

心地よさを生み出すこと。

[今治タオル工業組合(愛媛県今治市)]今治タオル

Craftsman Story

愛媛県今治市は、120年以上もの間、タオル産業が受け継がれてきたタオルの聖地。

糸を撚る、糸を染める、タオルを織る…。
タオルづくりの工程には、職人の技と、細部にわたるこだわりが宿り、
その高い技術で、世界にその名を広げている。

ひとつひとつを、ていねいに。

それをなくしては、世界を感動させるタオルは決して生まれない。

今治にあるタオル工場は約110。
工程ごとに異なる工場、そして長年タオルと真剣に向き合ってきた
職人たちの技術と心意気が、そこには集まっている。

今治タオルの本質的価値「安心・安全・高品質」。
肌に当てるだけでタオルが水気をどんどん吸い取ってくれる、
そんな使い心地の良さは、まさに日本の技術がなし得る技。

世界が認めた質の高さ。それを支える職人の技術は、
きっと、いつまでも変わらずに、使い継がれていくのだろう。

 

Product Story

もうすぐ、会える。
もうすぐ、生まれる。

いま僕がいるのは、入院用のバッグの中。
真新しい洋服や肌着とともに、出番が来る日を今か今かと待っている。

少し前に、妹さんとデパートで僕を目にして手に取ると、
何度も、何度も、柔らかさを確かめて。
少し、微笑んだその顔が、なんとも幸せそうだったんだ。

風鈴の音が、風に響く。
強い日差しが、窓から燦々と降り注いでいる。

あと数日で「お母さん」になる、お姉さん。

もうすぐ、キミに会えるんだ。

キミの身体をふんわりと抱きしめてあげる。

キミの「お母さん」とともに、そんな日々を待っている。

Endless Story

今治を流れる蒼社川の伏流水は、タオルづくりに適した軟水。
実は、この水のおかげで、優しくやわらかいタオルが出来上がる。

糸さばき、織の技術、染料の調合、今治ならではの先晒し先染めの技術など、
専門の職人がいてこそ出来上がる、使い心地の良いタオル。

毎日使うものだから、いいものを選びたい。
丁寧に仕上げられた1枚1枚が、人の心に、幸せを運ぶ。

そして、長きにわたって毎日の暮らしに溶け込む名品は、
私たちの暮らしを美しく、豊かにし「健康」にする。

取材協力:今治タオル工業組合 http://www.imabaritowel.jp/

特集