きのこばか

【Vol.6】きのこの嫌いなところ

きのこらぼをご覧の皆さま、こんにちは。
きのこばか鈴木です。
 
きのこが好き過ぎるが故に起こる“きのこばかな出来事”を
ゆるりとご紹介しているこのコーナー。
きのこの素晴らしい所ばかり目についてしまうのですが、ふと思ったんです。
 
「・・・・・・なんか悔しい。」
 
きのこの良い所ばかりに踊らされるきのこばかですが、
世の中、完璧な人間が存在しないように、完璧なきのこも存在しないと思うんです。
みなさんもそう思いませんか?
 
今回はあえて、「きのこの嫌いなところ」を考えてみようと思います。
 

どんな食材にも、料理にも合う八方美人なところ

まず思いついた、きのこの嫌いなところ。
 
「八方美人なところ」
 
きのこらぼでも2,000以上のきのこレシピをご紹介していますが
きのこって、煮ても焼いても炒めても、揚げてもレンジでチンしても、
はたまた出汁やお醤油などの和風な味付けから、クリームやバターといった洋風な味付け、
中華やエスニックに至るまで・・・どんな料理にも合っちゃうんです。
そんな食材、聞いたことありますか?

お料理の中で、どんな相手にも良い顔をするきのこ。
こんなにきのこのことを想っているんだから、
私だけを見ていてくれる一途さだって見せてくれても良いんじゃないでしょうか・・・。
 

 
 

帽子なんてかぶって、おしゃれ過ぎるところ

 
次に気になるのが、です。
 
まるで、ちょこんと帽子をかぶったようなかわいらしいフォルム。
たまにお鍋の中とかで、帽子が脱げていることまであるんです。
狙ってるとしか思えなくないですか?
なんてあざとい!!!!

しかも、色も大きさも、よりどりみどり。
森にすっとなじむさり気ない色から、なぜ、そんな色を作り出すことができたのか
分からないほど、一際輝きを放つ、強い発色。
しかも帽子をかぶっていないものや、きのこであることが分からないほど
独特な形をしているものまで。
 
おしゃれすぎます。おしゃれ度高すぎてずるいです。
 

 
いつもは、きのこの良さを素直に認めているきのこばかですが
たまには違う角度から、きのこを見てみるのも良いものですよね。
きのこばかが、いつも好き好き言っていると思ったら大間違いです!
 
ちょっと嫌味になっちゃいましたかね。
 

身の回りの「きのこばかな出来事」を募集中!

情報を送る(お問合せフォームからご入力ください)

今おすすめのきのこレシピ

鶏肉ときのこの和風カレー煮

春に向け、少しずつ薄着になる季節。冬にため込んだ身体の老廃物をすっきりさせるメニューです。
きのこに豊富な食物繊維は、腸内環境を整え、身体のデトックスをサポート。また、ビタミンB群が代謝を高め、脂肪燃焼を促します。また、ニラのアリシンには、ビタミンB1の働きを高める効果が、カレー粉にも代謝向上効果が期待できるため、この一品でおいしくスリムアップを叶えましょう!

レシピを見る レシピ動画を見る