close
きのこで菌活。

食物繊維を味方につけて腸からキレイに

今週のトレンドコラムでご紹介した、70年代ファッション。ワイドジーンズ70年代といえば、ベルボトムのジーンズやチュニックスカートなど、ボリュームのあるシルエットの洋服が大流行した時代です。
きのこらぼ編集部の皆に、70年代ってどんなイメージ?と、話を聞いてみると「健康的でかっこいい美人が多かったイメージ」とのこと。確かに、70年代アイドルにも、健康的できれいな方が多く見られます。ワイドパンツをさらりと着こなす姿は、確かにかっこいい!

 

スラリとした着こなしを叶える、体型改善準備を始めましょう♪

7471546さて、きれいにかっこよく服を着こなすときに最も気になるのは、ぽっこりお腹や脚&二の腕の太さ…。日に日に暖かくなるこの季節、日々の「菌活」でスラっと健康美人を目指しませんか?
この春、きのこらぼがオススメする「菌活」は、ズバリ「インナービューティーケア」。カラダの中から、健康的にキレイを目指す方法です。
きのこらぼでは、管理栄養士の川村先生に、インナービューティーケアのポイントを教えていただきました。

 

食物繊維を味方につけて腸からキレイに

管理栄養士 川村郁子

菌活0302私たちのカラダは約60兆個の細胞でつくられており、常に細胞は生まれ変わっています。そして、その細胞の原材料となるのは口から摂取した食べ物の栄養。キレイに生まれ変わる為には、栄養を消化し吸収する腸がしっかりと機能している必要がありますが、便秘などで腸内に老廃物が停滞した状態が続くと十分に栄養を吸収できない上に、ガスやアンモニアなどの毒素が溜まり美肌や美髪づくりの妨げになります。

そこで重要なのは、栄養の吸収と排出を担う腸内のデトックスをすること。その為には食物繊維をしっかり摂り、善玉菌を増やすなどして便秘を解消する必要があります。

ahijo-3きのこは、食物繊維を豊富に含んでいる食品の一つで、摂取することで便量を増やし便秘を改善させる効果が期待出来ます。
また、きのこと一緒に善玉菌のエサであるオリゴ糖を同時に摂るのがおススメ。オリゴ糖を多く含む玉ねぎときのこを組み合わせてアヒージョにするなど、意識して摂って腸内環境を整えることからキレイを始めてみましょう。