close
トレンドコラム

流行がぐるりとひとまわり?今春ファッションは「70年代」がアツい!


そろそろ春のコーディネートを考える時期。「今年はどんな服を着ればいいの?」なんてお約束の悩みを抱えていませんか。2015年春のキーワードはズバリ「70年代」。1970年代のスタイルを取り入れた最新のトレンドをご紹介します。

 

「70年代」ファッションの特徴って?

image00350〜60年代のクラシカルなイメージとは一転、ファッションの多様化が進んだ70年代では、ボリュームのある個性的なシルエットや丈の長いチュニック、ベルボトムなどが大流行。また、その特徴がとくに現れたのが「柄」。ベトナム戦争に反対したアメリカの若者たちは「武器より花を」というスローガンを掲げ、平和の象徴として花や花柄を身につけました。さらに、反体制・自然賛美のヒッピー・ムーブメントから、エスニックスタイルもこの時代に広まりました。

 

ボヘミアン服をプラスして、一気に春気分!

手軽に流行を取り入れるなら、華やかなボヘミアントップスが1枚あると便利です。カラフルな色柄プリントが好まれた70年代当時のボヘミアンルックに比べ、最新のトレンドは、現代女性のライフスタイルに合わせて、ナチュラルで健康的な印象に変化。アースカラーを基調にした色合いや、花や草木をモチーフにした柄は見ているだけで気分が盛り上がりますよ。主役アイテムとして一枚で着るのはもちろん、ジャケットの下からのぞかせたレイヤードスタイルもオススメ。


揺れるフリンジでオシャレ上級者に

trend1_3この春、バッグやピアス、ショートブーツなどの小物に70年代要素を取り入れるなら、動くたび華やかに揺れるフリンジがマスト。ボヘミアンムードあふれる存在感が、アクティブな女性の美しさを引き立ててくれますよ。フリンジを颯爽となびかせて、春の気配ただよう街にくり出しましょう!

 

春ファッションに合わせて、お肌の準備も欠かさずに★

kinkatsu4_2流行ファッションを身にまとったときに “女性らしさ”をアップさせるのがお肌や髪の美しさ。せっかくかわいい服に身を包んでも、カサカサお肌ではしっくりきませんよね。さぁ、さっそくカラダの中から健康的なキレイを作るインナービューティケアもはじめましょう♪

 

インナービューティケア「食物繊維を味方につけて腸からキレイに」は「きのこで菌活。」で紹介中!

 

■ ■ 監 修 ■ ■
大森奈奈大森奈奈(おおもりなな)
出版社にて勤務後、フリーランスのエディター兼ライターとして、女性誌、ファッション施設の広告を中心に活動中。
現代女性の目線に立った企画を得意とし、レディスファッションを軸に、美容、グルメ、ライフスタイル系まで幅広いジャンルの編集・執筆を行う。

Photo by Thinkstock/Getty Images

 

今おすすめのきのこレシピ

夏のげんきのこカレー

夏の暑さが本格的となる7月。しっかり食べて夏バテを吹き飛ばしましょう!
きのこに豊富なビタミンB1は夏バテの原因となる疲れを軽減させる効果があり、合わせるピーマンときのこに豊富なカリウムは体内の余分な水分と一緒に体内の熱を排出する効果が期待できます。簡単に作れるレシピで元気をチャージしましょう!

レシピを見る