きのこで菌活。

むくみを撃退する“きのこデトックス”

201504vol1_02

健康的な美ボディを手に入れても、カラダがむくんでしまっては台なし。そんなときは、デトックスで解決を。
今週のトレンドコラムで紹介している「半身浴」と同じく、きのこにもデトックス力があることをご存知でしょうか。管理栄養士の三城円さんが、その効果を教えてくれました。

 

三城円さん■ ■ 監 修 ■ ■
三城円(さんじょうまどか)
管理栄養士、San-CuBic代表

容姿コンプレックス・ダイエット・摂食障害等さまざまな経験から、食べる恐怖や罪悪感を持ち、ひとりで苦しんでいる人が多いことを知り、“食事の相談できる人や場所が必要だ!”と感じ、パーソナル管理栄養士として食生活相談をスタート。
“理想の自分”を手に入れるために、食という手段を用いて、おひとりおひとりに寄り添えるパーソナル管理栄養士として、あなただけの“食の軸”を見つけていく活動を行っている。

 

人間には“デトックス力”が備わっている!?

201504vol1_02ダイエット方法のひとつとして、最近注目を集めている「デトックス」。なんとなく「カラダから悪いものを出す」というイメージがありますが、その正確な意味をご存じでしょうか。デトックス(detox)とは「detoxification」の略で、本来は「解毒」という意味。食べ物や薬など、環境から取り入れてしまったカラダに害となりうるような物質を体内で分解して、お通じや汗として排出することをいいます。人間の体内でデトックスの役割を担っているのは、おもに肝臓。アルコールを分解してくれることはよく知られていますが、そのほかにもさまざまな“毒”を体外へ排出してくれます。つまり、デトックスとは、人間にそもそも備わっている能力のひとつなのです。
たとえば、ダイエットでスリムボディを手に入れたのに、顔や脚がむくんでパンパンなんてお悩みを抱えている人も多いかもしれません。こんな悩みも、本来人間が持つ“デトックス力”を高めることで解消することができます。そして、実はきのこにも、その力を高める効果があるのです。

 

むくみ解消にはカリウムが効く

201504vol1_03「むくみ」は、細胞内に存在する「カリウム」と細胞外に存在する「ナトリウム」のバランスが乱れることで、細胞と細胞の間に水分が溜め込まれている状態です。その原因は、栄養バランスの悪い食事、水分摂取量と排泄量のバランスの乱れ、運動不足、睡眠不足などさまざまですが、特に塩分の多い外食や加工食品が増えると体内のナトリウムも増えてしまい、むくみが引き起こされます。むくみを防ぐためには、体内の余分なナトリウムをデトックスすることが必要ですが、その役割を担っているのが、きのこに豊富に含まれている「カリウム」です。

201504vol1_03特にエリンギには、生100gあたり460mgも含まれています。
疲れやすい、無気力になる、臓器の働きが鈍くなって便秘になるなど、このカリウムが不足していると、むくみだけでなく、カラダにさまざまな悪影響を引き起こします。現代人の食生活はカリウムが不足しがちなため、意識して摂取したい栄養素です。カリウムは、熱に弱く調理によって失われやすい栄養素なので、汁物や煮込み料理は、きのこから溶け出たカリウムも一緒に食べられるおすすめの調理方法。“きのこデトックス”でむくみを撃退して、ヘルシーなカラダを手に入れましょう!

 

おすすめレシピ

大ぶりなきのこがたくさん入って、ボリューム満点なのにヘルシー!大満足の菌活メニューです!