3月の特集テーマ
春からやせる!新生活“キレイ習慣”

心のケアに!食事の工夫&美腸づくりでリラックス

2018.03.26

年度末の忙しさや、新年度への不安の中で、落ち込んでしまったりイライラしてしまう方も多いのでは? そんな心の不調を改善するためには、身体の内側からケアすることが大切です。今週は、心の健康を改善するための食事のポイントと、リラックス効果の期待できる食生活についてご紹介。毎日の食事で身体だけでなく心の健康もつくりましょう!

年度末の忙しさや、新年度への不安の中で、落ち込んでしまったりイライラしてしまう方も多いのでは? そんな心の不調を改善するためには、身体の内側からケアすることが大切です。今週は、心の健康を改善するための食事のポイントと、リラックス効果の期待できる食生活についてご紹介。毎日の食事で身体だけでなく心の健康もつくりましょう!

中村愛香さん
教えてくれたひと
中村愛香(管理栄養士・スポーツフードアドバイザー)

2011年にホクト(株)入社。『きのこを通して健康や笑顔をお届けすること』をテーマに幼児、小学生、主婦、高齢者等、様々な世代に食育活動を展開。現在、空手の日本代表選手である岩本衣美里選手への食事のアドバイスをはじめ、スポーツ栄養セミナーも実施している。

春のキレイは“心の健康”がキーワード

――年度末の忙しさからなのか、最近なんだがイライラしたり不安になったり、精神的に疲れることが多いような気がします。

そうですね。この時期は仕事や学校での生活も新年度に向けて忙しくなりますよね。また、気温差や気圧差の影響で自律神経が乱れやすくなり、その結果、疲労感や倦怠感を感じたり、精神的に不安定になりやすくなります。

――季節の影響もあると聞いて納得しました。また、眠くなることも多いのですが、これも季節の影響ですか?

春は冬と比べて夜の時間が短くなりますよね。冬と比べて眠くなるのは当然で、仕方のないことなんですよ。しかし、睡眠時間が短くなると心身ともに疲れが取れにくく、ストレスも溜まりやすくなるので注意が必要です。

――そうなんですね。どのような点に注意すればよいでしょうか?

はい。心の健康を保つためには、食事に気をつけて身体の内側からケアすることが大切です。腸は「第二の脳」とも呼ばれるほど、神経が集中していて、身体や心の調子に大きな影響を与えています。春のさまざまな不調を予防するためには、腸をキレイにして、腸の状態を整えておくことが重要になります。

――わかりました。では、どのような食事がおすすめですか?

腸内環境を整える「食物繊維」が豊富に含まれるきのこを食べることがおすすめです。食物繊維は、善玉菌を活性化させたり、便のカサを増やす働きがあり、腸内環境を整えるために必要です。きのこで腸内環境を整えることで、自律神経が整うことにもつながるので、日々の食事にきのこをプラスした食生活を始めましょう。

まだまだあった!きのこのチカラでリラックス♪

ブナシメジ

――春の不調改善のために、腸を整えることが大切とわかりました。では、リラックスするためにおすすめの食材などがあれば教えてください。

きのこには腸内環境を整える食物繊維のほかに、リラックスに効果的な栄養素も含まれています。GABAという名前を聞いたことありますか?

――聞いたことがあります。きのこにもGABAが含まれているんですか?

はい。GABAは交感神経の働きを落ち着かせてリラックス効果が期待できると言われている栄養素で、このGABAがきのこにも含まれているんです。きのこ単体でももちろん良いのですが、乳製品や卵と組み合わせることがおすすめです。乳製品や卵には、幸せホルモン「セロトニン」の材料となる「トリプトファン」という栄養素が含まれています。

――セロトニンも聞いたことがあります。乳製品や卵と組み合わせることで、リラックスへの相乗効果がありそうですね!また、イライラした時には、カルシウムを摂ると良いと聞いたことがあります。

はい。イライラの解消に良いとされる「カルシウム」は乳製品に多く含まれます。きのこと乳製品を組み合わせることで、イライラの解消につながると考えられます。

――イライラにも「きのこ✕乳製品」が良いんですね。

実は、カルシウムは単体では吸収されにくく、ビタミンDを一緒に摂ることで吸収されやすくなります。このビタミンDがきのこに豊富に含まれています。なので、きのこと乳製品を一緒に食べることは、カルシウムの吸収も促進し、効率的に身体でカルシウムを使うことができるんです。また、私たちがイライラした時に「ビタミンB1」が使われていますが、このビタミンB1がきのこには豊富に含まれているんです。

そこでおすすめしたいレシピは、「ふわふわとろ〜り♪きのこのスイート卵スープ」です。ほんのり甘くて温かいスープは、ほっと一息つきたい時にぴったり。きのこにはGABAや食物繊維が、卵にはセロトニンの材料となるトリプトファンが豊富に含まれています。

おすすめレシピ

ふわふわとろ〜り♪きのこのスイート卵スープ

きのこには、神経の興奮を鎮め、リラックス効果の期待できるGABAが豊富。また、食物繊維が“第二の脳”とも呼ばれる腸を整え、自律神経を整えます。合わせるじゃがいもに含まれるビタミンCは抗ストレスホルモンの合成に必要なため、きのこと合わせて摂ることで、さらなるリラックス効果が期待できます。

レシピを見る動画を見る