7月の特集テーマ
夏疲れに備える!インナーケアでもっと美人♪

夏の不調の原因は“夏の冷え”なんです

2017.07.01

夏の初めは、なぜか風邪をひいたり、なんとなく体調の悪い状態が続いたり……。身体の不調が起こりやすい時期ですよね。では、夏本番を不調なくアクティブに乗り切るにはどうするのがいいでしょうか? 今週の「トレンドコラム」では、話題の「体幹トレーニング」による健康になるためのアウターケアを特集していますが、「きのこで菌活。」コラムではインナーケアから健康的に過ごすための秘訣を管理栄養士の河村先生にうかがいました。暑さや外的ストレスによる“夏疲れ”に負けないよう、「きのこ」を毎日の食事に積極的に取り入れて、健康的で美しい身体を手に入れましょう!

夏の初めは、なぜか風邪をひいたり、なんとなく体調の悪い状態が続いたり……。身体の不調が起こりやすい時期ですよね。では、夏本番を不調なくアクティブに乗り切るにはどうするのがいいでしょうか? 今週の「トレンドコラム」では、話題の「体幹トレーニング」による健康になるためのアウターケアを特集していますが、「きのこで菌活。」コラムではインナーケアから健康的に過ごすための秘訣を管理栄養士の河村先生にうかがいました。暑さや外的ストレスによる“夏疲れ”に負けないよう、「きのこ」を毎日の食事に積極的に取り入れて、健康的で美しい身体を手に入れましょう!

河村桃子さん

教えてくれたひと
河村桃子(管理栄養士)
管理栄養士取得後、病院に勤務。栄養バランス重視の従来の病院給食の概念を超え、栄養バランスに配慮しつつも美味しく、見た目も美しい、想い出に残る食事の提供に努める。現在は“料理を通して豊かな人生を!”をモットーに、料理の知識や技術を教え、食の自立をサポートするための活動を行なっている。

内臓の“冷え”解消で、不調知らずに!

――アクティブなイメージの強い“夏”ですが、実は、子どもも大人も体調を崩しやすい時期だと体感しています。それはどうしてなのでしょうか?
 
梅雨明けから本格的な暑さに突入するまでの7月頃が最も体調を崩しやすい時期だといわれています。季節柄、“外はうだるような暑さでも、室内に入れば冷房がしっかり効いている”といった状況がよくありますが、気温や湿度といった環境の変化に身体がついていけず、ストレスになってしまうんですね。その結果、自律神経が乱れ、倦怠感や食欲不振といった本格的な“夏疲れ”を引き起こしてしまうのです。
 
――自律神経が乱れると、具体的にはどういった不調が生じるのでしょうか? また、そうならないための予防策を教えてください。
 
食欲不振を筆頭に、疲れがとれない、身体がだるい、眠れないといった、いわゆる“夏疲れ”の症状が挙げられます。こうした症状を予防するには、身体を冷やさないようにすることが大切。たとえば、外出をする時は羽織れるものを1枚持ち歩くようにすると、室内外における体感温度の差を少なくすることができ、身体へのストレスを軽減することができます。
また、温度差に気を付けたいのは室内外の気温差ばかりではありません。気温と体内の温度差もまた、身体にとって大きなストレスとなるからです。特に、冷たいものの取りすぎは、内臓まで冷やしてしまうので要注意。冷たいものを取ることで、一時的なクールダウンは図れるのですが、実は内臓も冷えて身体の機能を低下させてしまうんですね。免疫力の低下はさまざまな不調や万病につながっていきますので、身体にかかるストレスを軽減するためにも、あえて常温のものや温かいものをとるなど、身体を冷やさないように意識してください。身体の代謝を高めるビタミンB群を豊富に含むきのこなどの食材を積極的に取り入れることで、体温を高める工夫をしておくのも効果的です。
 
関連リンク: 【夏に向けて今から始める!燃える身体づくり 】

“夏疲れ”の原因!自律神経を整えるには、まずは腸内環境の改善から!

エリンギ

――「暑さ」と「冷え」がきっかけで自律神経が乱れてしまうということがよく分かりました。
 
それだけではありませんよ!冷房などで身体が冷えると腸の機能が低下してしまうため、身体の“元気”を作る栄養素の吸収率が下がり、ますます身体の調子が悪くなってしまうのです。栄養不足から疲れやすくなってしまうんですね。加えて、汗で水分が失われやすい夏は、便秘にも陥りやすく、便秘により腸内環境が乱れると自律神経がさらに乱れ、一層悪循環に陥ります。夏のストレスに負けない強い身体を作るには、腸内環境を整えることが一番。インナーケアを意識することで、夏の疲れを効果的に予防することができます。
 
――腸をきれいにすることが夏疲れの対策にもつながるんですね!腸内環境を整えるためには何をすればいいですか?
 
食物繊維の多いきのこを意識的に食べることで、腸内環境を整えることができます。食物繊維には、便のかさ増しをしてくれる不溶性の食物繊維と、整腸作用のほかにコレステロールを体外に排出してくれる働きのある水溶性の食物繊維の2種類があるのですが、きのこにはこの両方が含まれているため、効率よく腸内環境を整えることができます
 
――きのこを使った、夏疲れを予防・撃退できるメニューを教えてください!
 
それならば、冷えた内臓を温めてくれる「きのこの韓国風キムチスープ」はいかがでしょうか。発酵食品であるキムチとコチュジャンが腸内環境を整えてくれるほか、キムチに含まれるカプサイシンが発汗も促してくれるので、体温調節にもひと役買ってくれることでしょう。きのこに豊富な食物繊維もしっかりとれる、この時期におすすめの旨辛メニューです。
 

おすすめレシピ

きのこの韓国風キムチスープ

きのこに豊富な食物繊維は腸内環境を整え、便秘解消に役立ちます。さらに発酵食品のキムチとコチュジャンにも腸内環境を整える効果がありますので、腸内環境改善に相乗効果が期待できる、暑い夏に食べたい旨辛メニューです。

レシピを見る動画を見る