きのこアルバム

人類が知りつくせないほどの種類があるきのこ。その一部をご紹介します。

【きのこアルバム】キララタケ

キララタケ

 
全国的な梅雨明けが発表され、いよいよ夏本番がやってきました!
夏休みには予定があるのに、連日の暑さでなんとなく憂鬱…という方もいらっしゃるのでは?

今回は、そんな憂鬱な気分を癒してくれるような、
コロコロとした見た目と名前が可愛いきのこ「キララタケ」をご紹介します。

キララタケは、初夏から秋、広葉樹の切り株や枯れ木の上に、集まるように発生するきのこ。
ひとつひとつは小さく、傘が開いた時の直径は1~4cm。
幼菌の時は写真のように卵形をしていますが、徐々に円錐形へ成長し、最後は縁部が反り返っていきます。
柄は3~8cmまで伸びますが、直径はつまようじ4本分くらいしかありません。
 

 
キララタケ


 

また、気になるのが「キララタケ」という名前。
なんだかキラキラしていそうな、キレイな印象があります。

名前の由来は、幼菌の時に、傘表面が細かい雲母状(※)の鱗片(うろこ状の細片)に覆われていることから、
「キララタケ」と呼ばれるようになったそうです。
和名でも「雲母茸」と表記され、この“雲母状の鱗片”が特徴的とされていることが伺えますね。

(※)雲母(きらら)とは、六角形の板状の形をした鉱物の一種で、光沢があって光を受けるとキラキラと輝きます。

ただ、キラキラ光る鱗片も成長と共に剥がれ落ちてしまうそうで、
このキラキラが楽しめるのは幼菌の時、つまり発生した初めのうちだけだそうです。

 

キララタケ


 

さらに、キララタケは発生から数日で溶けて消えてしまうという特徴も。
“溶けて消えてしまうきのこ”というと今までにご紹介した中では「ササクレヒトヨタケ」がありますが、
最近の研究の結果から、キララタケとは遠縁にあたることが判明しているそう。

小柄で、発生したわずかな時間だけキラキラと光り、数日で成長しきって消えてしまう…なんとも儚いですね。

ですが、キララタケは有毒のきのこ。
見つけた際には食べたりせず、その姿を見て楽しむようにしてくださいね♪

太陽の光を浴びてキラキラ光るキララタケは、光を反射して輝く水面のようで、何とも涼しげですね。
暑い夏も、皆様が元気で楽しく過ごされますように!

 
 

「こんなきのこを見つけた!」という情報がありましたら是非きのこらぼに教えてください♪

きのこ発見!情報を送る

 

◆◇◆キララタケ◆◇◆

キララタケ 壁紙

以下よりご使用のパソコンの解像度を選択してダウンロード下さい。

1280×1024
1600×1200
1920×1200

▼Windowsの場合

表示された画像の上でマウスの右ボタンをクリックし、
メニューから「デスクトップの壁紙として設定」を選択してください。

▼Macintoshの場合

表示された画像の上で、
「controlキー+クリック」→「画像をディスクにダウンロード」。
「Apple Menu」→「システム環境設定」 > 「デスクトップとスクリーンセーバー」を選択し
「デスクトップ」のタブを表示。
その上へダウンロードした画像をドロップして下さい。
任意の画像の配置方法を選択し、「デスクトップに設定」ボタンをクリックしてください。

 

きのこの壁紙をGET!「きのこアルバム」アーカイブはコチラ

今おすすめのきのこレシピ

きのこたっぷり酒粕鍋

身体ポカポカきのこレシピの決定版! あったかお鍋で心も身体も温まりましょう。
きのこに含まれるβグルカンには免疫力を向上させる働きがあり、白菜には身体を守る抗酸化成分が多いため、風邪予防に効果バツグン。また、粘膜を強化し身体を温める効果のあるれんこんや旬のぶりを使用しているので、免疫力アップ&身体あたために効果を発揮する鍋料理です。

レシピを見る レシピ動画を見る