トレンドコラム

キック&パンチでストレスフリー!引き締まった健康美人になる

今週は瀬戸晴加さんにうかがう「キックボクシング」の魅力、後編をお届けします。今週の「きのこで菌活。」コラムでは、きのこのビタミンからお肌の調子を整える効果についてお届けしていますが、トレンドコラムでは、ストレス発散&適度な運動で、身体をキレイにする方法をご紹介。今回は、瀬戸さんが代表を務める「東京ガールズキックボクシングクラブ」におじゃまして、実際のトレーニングの様子を取材しました。さらに、瀬戸さんによる家でもできるキックボクシングの実践講座もお届けします!この春こそ、きのこで菌活と旬のスポーツを楽しみながら“美人化”を叶えられるよう、ぜひキックボクシングトレーニングのイメージを高めてみてくださいね!

 

—————— 教えてくれたひと ——————

瀬戸晴加さん

瀬戸 晴加 (Haruka Seto)

株式会社ティアラ・プロモーションズ。フリーマガジン『TIARAGIRL』編集長を経て「#Femme by TIARAGIRL」の編集長に。2014年4月、女性向けに特化した「東京ガールズキックボクシングクラブ」をプロデュース。モデル業のかたわら、朝から夜まで制作に打ち込む26歳会社員。https://www.instagram.com/setoharu1030/
東京ガールズキックボクシングクラブは、現在東京のみならず京都、名古屋、沖縄、に展開中! 詳しくはHPで https://www.tokyogirlskick.com/

 

和やかな雰囲気のジムにミットを打つ“いい音”が鳴り響く

 
今まさに人気が拡大している、女性向けのキックボクシングクラス。でも、まだまだ男性的な格闘技としてのイメージが強いのも確かです。そこで、実際のトレーニングの様子をご紹介!ちなみにこの日に行われていたのは午後7時からのクラスで、会社帰りの女性およそ30人が気持ち良さそうに汗を流していました
 

瀬戸晴加さん

「みなさん、ほとんどの方は初心者なんです。同じスポーツでも、学生時代にやっていたという人は少ないから、ほとんど全員が同じスタートラインから始められるのも魅力だと思います。でも、女性のほうが身体が柔らかかったり、リズム感があったりと、実は男性よりもスムーズに上達するんじゃないかな。パンチやキックだけじゃなく、肘打ちや膝蹴りもメニューに取り入れていて実践的だから、なんというか……自信がつくということもあるかもしれません」
 
トレーニングは、1回およそ1時間。準備運動からはじまって、前半は主に打ち方・蹴り方のテクニックをレクチャー、後半はトレーナーがもつミットやサンドバッグを打つトレーニングを行います。トレーニング風景を見ていて感じたのは、みなさんが本当に楽しそうに打ち込んでいること
 

瀬戸晴加さん

「男性トレーナーが声をかけてコツを教えてくれるんです。みんなでトレーニングに取り組み、マンツーマンではないので変な緊張感もないですし、何より彼らは気分を盛り上げてくれるのが上手(笑)。『フック、アッパー、スイッチしてミドル!』って、テンポよくミットを打たせてくれる。ジムやランニングはひとりだけでやるでしょう?でも、ここではちゃんと教えてもらえる環境があって、みんなで気持ちよく身体を動かします。きっと、そんな部活のような雰囲気だから長続きするんだと思います
 
実際、キックがミットに当たると「パーン」といい音が。瀬戸さんいわく、コツをつかめば誰でもきれいにパンチやキックを打てるようになるのだそう。また、上達の実感も得やすいのも、ボクシングが人気の理由ではないかと話していました。健康になりたい!キレイになりたい!など、目的をもって、モチベーション高く、そして楽しく身体を動かせるなんて、人気の理由がわかりますよね
 

キックボクシングにチャレンジ!パンチ&キックのポイントはコレ!

 
美容や健康効果が高くて、ストレス解消にもなるキックボクシング。ここまで読んで「やってみたい!」と思った人も多いのではありませんか? そこで、瀬戸さんとトレーナーの方に、まずはお家でできるパンチとキックのコツを教えてもらいました! ぜひ、お部屋で“シャドーボクシング”にチャレンジしてみてくださいね。 ご家族や恋人と一緒にやってみるのも楽しいかもしれません。
 
まずは「パンチ」から。「足・腰・腕を使ってパンチを繰り出すことで全身運動になります。ただし、エクササイズとはいえ格闘技ですから、目線は前をしっかり向いて、ガードを下げないように! 身体の中心に一本の棒があるようなイメージで、姿勢を崩さず打つと、いい音が鳴りますよ」(トレーナーの方)。
 
それでは、姿見鏡の前に立って、レッツチャレンジ!

● いいパンチの例
(1)足を肩幅に開いて、重心は親指の付け根に。
(2)顔の前に拳を構えて、右腕を前に押し出します。
(3)このとき、腕をただ伸ばすのではなく、足を踏み込みながら腰を回転させて打つのがポイント。

瀬戸晴加さん
● 悪いパンチの例
瀬戸晴加さん

 
次は、キックボクシングならではの「キック」。慣れていないと難しそうに感じますが、ポイントさえ押さえれば、初心者でもきれいなハイキックが打てるようになるのだそうです。
「パンチのときと同様、もう片方の腕のガードは下げずにアゴを引いて蹴りましょう。つま先ではなく、スネで打つように!」(トレーナーの方)。
 
では、お家の中の少し広い場所に移動して、最初はゆっくり脚を上げてみるところから、始めましょう!

● いいキックの例
(1)片足で立ってうまくバランスをキープできる姿勢を基本にします。
(2)蹴るときは、ひざを先に出してから脚を伸ばすように。
(3)蹴り脚側の腕を後ろに振った反動で、膝・脚をスムーズに伸ばして振ります。
瀬戸晴加さん
● 悪いキックの例
瀬戸晴加さん

 

20代から50代まで。年令に関係なく、個人のペースにあわせてトレーニング

 

トレーナーの方に指導を受けながら、鋭いパンチやキックを繰り出しているみなさん。ほぼ全員が初心者だったというから驚きですが、美しいフォームでミットやサンドバッグに蹴りを放つ姿は、なんとも凛々しくて魅力的。ガールズキックボクシングはますます人気を集めていきそうです。
 

瀬戸晴加さん

「習っている女性は、20代・30代が中心。体型の変化が気になりはじめる年代の方が多いです。もちろん40代・50代の方もいて、それぞれのペースに合わせてトレーナーが指導してくれるので、どんな年代の女性でも無理なく続けられるのだと思います。これからは、たとえば託児所付きのジムで子育て世代を対象にしたクラスを開講するなど、より多くの女性にキックボクシングに触れる機会をつくっていきたいって思っているんです」
 
瀬戸さん自身、多忙な中でも美しいスタイルをキープしているのは、きっとキックボクシングのたまもの。最後に、食生活についてもちょっとだけお話をうかがってみました。
 
「食べ物はもちろん大切だと思います。きのこもよく食べていますよ。低カロリーでおいしくて、どんな料理にも合うからいいですよね。やっぱり、食べないダイエットは難しいんです。しっかり食べて、気持ちよく身体を動かすことに勝ることはないと思います。ストレス解消にもなってメンタルにもいい効果がありますし、キックボクシングって、本当に女性の悩みに全部応えてくれると思うんです」
 
キレイと健康のため、そして春から新しいスポーツを始めたい! という皆さんの希望もかなえられる、キックボクシング。楽しく、継続的に続ける事により、身体にも心にもいい影響をもたらしてくれそうですね。まずはチャレンジしてみませんか?
 
 
【次週は、こちらも全国的に流行中のスポーツ「ボルダリング」の魅力をご紹介。ボルダリングの女性チャンピオン・野中生萌さんにお話をうかがいます!】

 

【今週更新!きのこで菌活。】

運動でのストレスオフやトレーニングでお肌や身体の調子を整え、さらにその効果をアップさせるためには、きのこのビタミンが有効に働きます。美味しく食べてキレイを叶える「きのこで菌活」の魅力はこちら!

今週の「きのこで菌活。」を読む ▶︎

今おすすめのきのこレシピ

きのことチキンのクリームトマトソース

寒くなると、お肌の乾燥も気になりますよね。
ターンオーバーを整えるビタミンB2が豊富な「きのこ」、肌細胞の形成や皮膚のバリア機能を守るために必要な良質のタンパク質を含む「鶏肉」、肌や粘膜を正常に保つ効果のあるβカロテンを含む「にんじん」の組み合わせで、美味しく食べて内面からしっかりと乾燥肌を予防しましょう! ケチャップに生クリームを加えたコクのあるソースが、特別な日の食卓にもマッチします。

レシピを見る レシピ動画を見る