きのこで菌活。

美肌をかなえる救世主…ビタミンB群!!

先週の「きのこで菌活」でもご紹介した「肌ストレス」解消法。
食物繊維やビタミンがお肌のターンオーバーの要でした。
そう、毎日の「菌活」は、日焼け&美肌の強い味方。今週はきのこの「美肌」効果についておさらいしましょう。
 

201504vol3_01今週のトレンドコラムでは、ストレス解消のためのアウトドアについてご紹介していますが、今週の「きのこで菌活。」では、ストレスの影響を受けやすいお肌や髪の土台を作るビタミンB群に注目。
きのこに豊富に含まれる「ビタミンB群」のチカラを、管理栄養士の三城円さんが教えてくれました。

三城円さん■ ■ 監 修 ■ ■
三城円(さんじょうまどか)
管理栄養士、San-CuBic代表

容姿コンプレックス・ダイエット・摂食障害等さまざまな経験から、食べる恐怖や罪悪感を持ち、ひとりで苦しんでいる人が多いことを知り、“食事の相談できる人や場所が必要だ!”と感じ、パーソナル管理栄養士として食生活相談をスタート。
“理想の自分”を手に入れるために、食という手段を用いて、おひとりおひとりに寄り添えるパーソナル管理栄養士として、あなただけの“食の軸”を見つけてい。く活動を行っている

 

きのこは美肌や美髪をかなえる救世主

これまでにご紹介した、「マイタケの肌荒れ改善効果」や、リラックス作用のある「GABA」など、きのこがもつ抗ストレス作用。その中でも、特に美肌に関わるもので、きのこに含まれる代表的な栄養素として挙げられるのは、ビタミンB群です。

201504vol3_02「ビタミンB群」とは、皮膚のかぶれを抑えてくれるビタミンB1や、新陳代謝を促し細胞を再生してくれるビタミンB2などの総称で、これらはきのこに豊富に含まれています。
ビタミンB群には、肌や爪、髪などをつくる材料であるタンパク質の効果的な代謝をサポートしてくれる働きをもち、美肌の土台を保つための重要な栄養素でもあるのです。そのため、きのこを鶏ひき肉などのタンパク源と一緒に調理すれば、ビタミンB群の働きでタンパク質の吸収も高まり、お肌の調子もぐっとよくなります。

 

覚えておきたいのは「ストレスによる肌トラブルに菌活が効く」ということ

201504vol3_04また、新陳代謝が悪くなってしまったり、自律神経の働きが低下して皮ふの血行が悪くなってしまったりと、肌トラブルの原因となる便秘にもきのこの食物繊維は効果的です。
そのほかにも、むくみを解消してくれるカリウムや、カルシウムの吸収を助けてくれるビタミンDが豊富だったりと、きのことお肌の美容には密接な関係があるのだといえます。

201504vol3_04そう、菌活が、ストレスによって悪影響を受けてしまった肌を助けてくれるのです。この時期に受けやすいストレスを感じてしまったら美肌をかなえる栄養素をたっぷり含むきのこを食べて、ストレスフリーな美肌を実現しましょう!

 

おすすめレシピ

行楽シーズンのお弁当にもぴったりの菌活ストレスケアメニュー!

「きのこで菌活。」コラムを読んでポイントGET

記事を読んだら、下記のボタンをクリック! 10ポイントをプレゼントさせていただきます。

※ 「きのこで菌活。」コラムの閲覧ポイントは2018年5月末にて廃止予定です。予めご了承ください。