9月の特集テーマ
秋冬準備!新習慣で叶える理想の自分

夏のダメージ肌は食事で回復!
秋に向けた美肌を準備しよう

2017.09.11

少し涼しくなってきたかなと感じられる9月中旬からは、夏の間に受けたダメージの影響がどっと出始める時期。それまでにはなかった肌荒れやシミといったお肌のトラブルに「近ごろ急に悩まされるようになった」という方は、ターンオーバーの乱れを疑ってください。今週の「トレンドコラム」では、涼しくなってきた今始めたい「自転車」の魅力と健康効果についてご紹介していますが、「きのこで菌活。」コラムでは、初秋にこそ注目したい、肌ケアに関する意識改革についてご紹介します。きのこに豊富に含まれるビタミンB2の力でターンオーバーの周期を整えていきましょう。

少し涼しくなってきたかなと感じられる9月中旬からは、夏の間に受けたダメージの影響がどっと出始める時期。それまでにはなかった肌荒れやシミといったお肌のトラブルに「近ごろ急に悩まされるようになった」という方は、ターンオーバーの乱れを疑ってください。今週の「トレンドコラム」では、涼しくなってきた今始めたい「自転車」の魅力と健康効果についてご紹介していますが、「きのこで菌活。」コラムでは、初秋にこそ注目したい、肌ケアに関する意識改革についてご紹介します。きのこに豊富に含まれるビタミンB2の力でターンオーバーの周期を整えていきましょう。

中川洋子さん

教えてくれたひと
中川洋子(管理栄養士、健康運動指導士、シナプソロジーインストラクター)
栄養と運動の両方の免許を持ち、栄養パーソナルサポートやトレーニングジムで運動指導を行い、ジュニア選手からシニアまで「食」と「運動」を合わせた体づくりの指導を行っている。

きのこのビタミンB2とタンパク質でターンオーバーを整える!

――吹き出物が増えたり、シミができたり……。最近になって急に肌トラブルに悩まされるようになってしまいました。
一体、どんな原因が考えられますか?

 
夏の間、バテることなく、しっかり食事はとれていましたか?「暑さに負けて食欲不振に陥っていた」という方は、栄養不足による肌荒れや日焼けによるシミの影響が今になって出てきているのかもしれません。新しい肌細胞に生まれ変わるターンオーバーの周期は通常28日といわれていますが、ほとんどの人が1カ月以上を要するといわれています。まさに今は、一番暑かった7月~8月の“夏のツケ”が出やすい時期なんです。
 
――ターンオーバーの乱れはなぜ引き起こされてしまうのでしょうか?
 
ターンオーバーとは肌の新陳代謝のこと。睡眠不足やストレスなど、ターンオーバーが乱れる要因はいくつもありますが、食習慣の乱れもまた、肌の新陳代謝を遅らせます。食欲不振が続くと栄養バランスが偏り肌細胞をつくる材料が不足してしまうほか、腸内環境が乱れているとせっかく食べた栄養を吸収することができないため、同じく材料不足に陥って肌のトラブルを引き起こしてしまいます。日焼けによるシミも、ターンオーバーの乱れが引き起こす産物のひとつ。本来はアカと一緒に剥がれ落ちていくはずのメラニン色素が、いつまでも代謝できずに皮膚の奥に残り続けることで、シミとなって定着してしまうのです。ほかにも、ターンオーバーの周期は、加齢によっても長くなることが分かっています。
 
――ターンオーバーの周期を正常に戻すには、どんな食事に気をつければいいですか?
 
まずは、肉や魚、卵、大豆製品など、細胞の材料となる良質なタンパク質を摂取すること。ただし、材料だけあっても、それを新たな細胞につくり変えることができなければ意味がありません。きのこにたっぷり含まれるビタミンB群には、タンパク質の代謝を助けたり、皮膚の生成を促す働きがあるので、タンパク質と一緒に摂ることで、効果的に肌細胞を生まれ変わらせることができます。きのこには保湿効果のあるトレハロースや腸内環境を整えてくれる食物繊維も含まれているので、美肌を目指したい方にはうってつけの食品といえるでしょう。

抗酸化作用のあるビタミンACEで、ツヤ肌の復活を目指しましょう♪

ブナピー

――ビタミンB2が豊富なきのこと、肉や魚といったタンパク質を一緒に食べることで、ターンオーバーが整えられるのですね!ほかにもおすすめの栄養素があれば教えてください。
 
美肌を目指すのであれば、「ビタミンACE(エース)」と呼ばれるビタミン類の摂取がおすすめですね。たとえば、皮膚や粘膜を保護する働きのあるビタミンAは、レバーやウナギなどに多く含まれていますが、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは体内でビタミンAに変わって同じように作用しますので、緑黄色野菜を積極的に食べることも効果的です。緑黄色野菜や果物に多いビタミンCにはコラーゲンの生成を助け、肌トラブルを予防する作用もありますし、植物油やナッツ類などに豊富なビタミンEにも活性酸素の除去やシミやそばかすの抑制効果、紫外線からの防除効果があるので、意識的に摂りましょう。美容ビタミンといわれるきのこのビタミンB2と肌細胞の材料となるタンパク質、アンチエイジング効果が期待できるビタミンACEを一緒に摂って、夏のバテ気味の肌をリセットしましょう!
 
――お疲れ肌を早くリセットして、秋こそきれいなお肌を手に入れたい! ターンオーバーを整え、美肌を叶えるためにおすすめのレシピはありますか?
 
それならば、きのことれんこん、ミートボールを使ったスープはいかがでしょうか?きのこと、これから旬を迎えるれんこんは食物繊維が豊富なので美腸による美肌が期待できますし、きのこのビタミンB群、キャベツのビタミンC、抗酸化作用の高いリコピンを含むトマトなど、美肌に効果的な栄養素をまんべんなく摂取することができます。ミートボールも入っているので、食べ応えも満点ですよ。
 

「きのこで菌活。」コラムを読んでポイントGET

記事を読んだら、下記のボタンをクリック! 10ポイントをプレゼントさせていただきます。

おすすめレシピ

きのことれんこん入りミートボールのごちそうスープ

きのこには、肌トラブルに効果があるオルニチン、「美容ビタミン」と呼ばれるビタミンB2が豊富。細胞の新陳代謝を促したり、皮ふや粘膜の機能維持にも働きかけます。肌細胞のもとになるタンパク質を含むお肉、ビタミンが豊富なきのこや、ビタミンCが豊富なキャベツ、抗酸化作用の高いリコピンを含むトマトの入ったスープなら、さらに美肌効果がアップします!

レシピを見る動画を見る