close
きのこ面白情報

かわいいきのこグッズや、不思議で楽しいきのこカルチャーをご紹介!

【きのこ面白情報】きのこ盛り。なアートブック&アクセサリー

present-2

きのこをモチーフとしたアクセサリーをはじめ、様々な雑貨や作品の制作を手がけているM・カオリさん。彼女が作るきのこグッズは、どれもキラキラしていて女心をくすぐるものばかり。そんなM・カオリさんに、きのこの魅力をうかがいました。



1-1-300x300


―アクセサリーの制作を始めたきっかけは何ですか?

M・カオリさん(以下 M、敬称略) :私は以前から、ふつうの人がパーティーでしか着けられないような、派手で華やかなものが大好きでした。そんな中、ケータイをキラキラにデコレーションしたデコ電や、デコ盛りネイルに出会ったのがきっかけで、「なんにでも“盛って”派手にしたら最高に楽しいし目立つ!」と気づき、派手好きな“盛りガール”のための「盛りガールアクセサリー」(M in Chains)を作り始めました。



2-271x300


―なぜきのこをアクセサリーにしようと思ったのですか?

M :はじめてきのこをモチーフにしたのはイラストの中で、しめじやえのきを描いたことですね。最初は、たくさんの飾りのなかのひとつとして描いていました。

けれど、イラストを描いていくうちに、「このきのこ達の大きな傘の部分は、たくさんのかわいいものを盛るのにぴったりなのでは?」と思ったんです。実際にきのこをメインに描いてみれば、キラキラした宝石、クリーム、鎖や植物など、なんでも盛り放題でした!それからというもの、もとからちょっと怪しげな魅力でいっぱいのきのこが、もっと派手にギラギラしだす姿にすっかり夢中になってしまいました。 すぐに実物のきのこにも盛りたくなったので、盛りガールアクセサリーとしてもきのこモチーフを作ることにしたんです。



―M・カオリさんの活動について教えて下さい!

M:4月からは京都にて、盛りガールアクセサリー作家・コラージュアーティストとして活動を行っています。きのこをモチーフにして制作したものを「盛りのきのこ」と名づけて、アクセサリーとして盛ってみたり、イラストからグッズにしたり、「きのコラージュ」(きのこ+コラージュ)としてコラージュを制作していますよ。ちなみに、「きのコラージュ」は、昨年開催した私の個展のテーマにもしてしまったくらいお気に入りのワードです(笑)。

スクリーンショット 2014-04-14 10.52.00

4kinokozine-300x300


―きのこの冊子も発行されたんですよね?

M:そうなんです。もっとラフな形でも、わたしの頭の中に生えていた「盛りのきのこ」を発信したくなり、『きのこZINE「きのこ盛り。」』を発刊しました。(※ZINEとは小冊子のこと)
こんなきのこグッズあったらいいな、こんなきのこおしゃれができたらいいな、盛るときのこはもっと可愛いですよ!という私のきのこ愛であふれたA5・16ページ・400円の装飾系きのこ冊子です。『きのこZINE』はこれから定期的に発刊していく予定なので、たくさんの方に読んで頂けると嬉しいです!詳しくはまたblogやtwitterで通販のお知らせもしていきますので、是非皆さんチェックしてください。


―M・カオリさんにとって、きのこの魅力とは何ですか?

M:盛り放題なところですね。きのこ自体の形が独特で、他のものにはない艶やかさがあるから、なんでもきのこに盛ってしてしまえば可愛いじゃないですか。盛りすぎ!ってくらいごちゃごちゃにのっけても、ちゃーんとアートとして成立してくれる。なんでも足し算で作っていく私の強力なパートナーです。きのこファンの方と作品だけで「好き♥」を共有できる位に愛されきった存在なのも、魅力のひとつです。


M・カオリ(ミリコ・カオリ)
コラージュアーティスト・盛りガールアクセサリー作家

ハンドメイドアクセサリー「M in Chains」デザイナー。コラージュアート等できのこを描く。きのこアクセサリーやオブジェなど、立体作品の制作も行っている。
派手な物が好きで、何でも「盛る」ところから始める自称「盛りガール」。コラージュ感覚でアクセサリーを制作し、イラストも次々とガーリーな世界を広げて(盛って)描いている。福岡から京都・大阪に拠点を移し、各種ハンドメイドイベントにて出店中。 2013年春に個展「盛りのきのこ展」を開催、2012年秋にはグループ展「のこのこきのこ狩り展」を主宰。DMや公式Webサイトのデザインも手がける。

■ブログ「きのこと鎖でぐるぐる巻き。」

■Twitter @Miri_deco(M・カオリ)

■Facebook Kaori Green Inoue

■盛りガールアクセサリー 「M in Chains」カタログ

今おすすめのきのこレシピ

きのこのおいなりさん

関西地方では三角形の形が一般的だという「いなり寿司」。関西では『おいなりさん』と親しまれています。酢飯にはきのこダネをたっぷり混ぜてうま味と食べ応えをアップ!きのこに豊富な食物繊維が免疫細胞の約7割が集まる腸を整えて、季節の変わり目で不安定となる体調管理に役立ちます。

レシピを見る