トレンドコラム

【パートナーとの心理学】あの人を振り向かせるには?

メンタルコーチとして活躍するワタナベ薫さんにうかがう「心から美しい女性になるための法則」、今週は「パートナーとの心理学」についてお届けします。先週教えてくれたのは主に「初対面」でのことでしたが、今回は意中の人がいる人や、パートナーがいる人に役立つ内容です。また、今週の「きのこで菌活。」では、チョコレートだけだなく、ビタミンDなどの「栄養」も大切な人にプレゼントしてみませんかと、大切な人にこそ実践したい菌活についてご紹介していますので、こちらもチェックをしてみてくださいね。

 

—————— 教えてくれたひと ——————

ワタナベ薫(Kaoru Watanabe)

ワタナベ薫(Kaoru Watanabe)

1967年生まれ。株式会社WJプロダクツ代表取締役。美容、健康、メンタル、自己啓発、成功哲学など、女性が内外面からキレイになる方法を、独自の目線で分析して配信しているメンタルコーチ。2006年から始めたブログ「美人になる方法」(http://wjproducts.seesaa.net)は1日5万人が訪問、所属する美容ブログのカテゴリでは6年連続人気No.1というカリスマブロガーとしても知られている。過去のつらい経験を通しての、決してきれいごとではないメッセージが、「ワタナベ節」として20代から60代まで幅広い年齢層の女性の支持を集める。3年間で取得したメンタル系のディプロマは15を超え、現在は女子大生になろうと目論む。

 

大好きなあの人を射止める禁断のテクニック

トレンドコラム

今週のバレンタインデーにちなんで、「好きな人を射止める方法」をうかがったところ、ワタナベさんから「これは、禁断のテクニックなんですが……」という言葉がまず最初に返ってきました。なんと、相手の無意識レベルに働きかける方法があるのだそうです。
 
「意中の相手とふたりでいるときに、その人の『好きだった人』を聞くんです。特に、小学生くらいのときの初恋の相手ですね。男性って、心の中にずっと、幼いころに刷り込まれたヒロイン像をもっているんですよ。だから、『昔、好きだった女性ってどんな人だった?』と聞くと、相手が当時の感情に戻って、根源的な女性像を思い出します。そのときに一緒にいる女性の顔を見ると、無意識レベルで自分のヒロイン像と重ねて見てしまうんです。……恐ろしい方法でしょう?(笑)」
 
その状態で相手の目をじっと見るなど印象づけると、男性は無意識にときめいてしまうのだそうです。とはいえ、これはいわば「錯覚」している状態なので、ちょっとズルい方法なのかもしれませんね。
 
相手との関係を自然に近づけるなら「あなたといると楽しい、元気が出る!」など、自分にとって相手がスペシャルな存在だと伝えるといい、とワタナベさんは言います。男性は承認欲求が強い傾向にあるため、重要な存在であることをさりげなく伝えたり、賞賛されたりすることに弱いのだそうです。
 
また、お付き合いの期間や結婚生活が長く、マンネリを感じているときには、「新鮮なことをするといいですよ」というアドバイスをしてくれました。
 
「たとえば、楽しかった思い出の場所に行くと当時の感情が戻ってくるでしょうし、いつもと違うシチュエーションなら相手の印象も変わってきます。欧米では、週末に夫婦だけでデートするのが一般的。『子どもをないがしろにして!』と思う人も多いでしょうけど、ママがいつもキレイでいきいきしているのは、子どもにとっても幸せなことだと思うんです。そのほうが、家族の平和につながると思います」


 

運命の人と出会うには「ありのまま」でいること

 
ありのまま
 
また「運命の人に出会いたい」「本当にこの人でいいのかな?」と思っている人も多いと思います。ワタナベさんいわく、運命の人と出会う方法はたったひとつ、「ありのままの自分でいること」だそうです。「類は友を呼ぶ」と言いますが、いつも素でいることが、自分と似た人、相性がいい人と出会うコツだと教えてくれました。
 
「いつもガマンしていたり、自分を偽っているなどの状態でいると、必ず『変な人』が寄ってきてしまうんです。その中に『運命の人』なんていません。でも、自分が心地よくいられるようにしていると、一緒にいて心地いい人が自然と集まってきます。偽りの自分に惹かれてくる人と付き合っていても、時間とお金の無駄でしょう?」
 
ワタナベさんが教えてくれたのは「自己開示」という方法。たとえば、人に言えないような悩みを相手に打ち明けると、相手も同じようにしてくれる可能性が高まるのだそうです。いわば、お互いの秘密を共有することで、距離感がぐっと縮まるということです。
 

第一印象が評価を決定づける「自己開示」

自己開示とは、自分に関する情報をありのままに伝えること。また、自己開示には「返報性の法則」があり、自己開示されるた相手は、同じ程度の情報を開示することがあり、組織内コミュニケーションの活性化にも活用されています。

 

ワタナベさんによれば、「ありのまま」でいるための最大の秘訣は、「嫌われることを恐れない」ことだといいます。嫌われたくない、もっと交流を広めたいと思っている人は多いけれど、自分を偽って得た不自然な人とのつながりと、一緒にいることが楽な人間関係のどちらがいいかは明白です。
 
「小手先のテクニックはいろいろあるけれど、素でいることがいちばんいい。そうすれば嫌いな人は寄ってきませんから、それだけで楽になりますよ」とワタナベさん。自分の気持ちにいつも素直でいることが、真のパートナーと出会う近道なのかもしれませんね!

 

【次週は「自分のための心理学」をお届けします。お楽しみに!】

 

 

【今週更新!きのこで菌活。】

バレンタインには大切な人へ「健康」もプレゼント。「きのこで菌活」ができるチョコスイーツもご紹介します。

今週の「きのこで菌活。」を読む ▶︎

今おすすめのきのこレシピ

きのこドレッシングのシーザーサラダ

寒い冬はつい運動量が減り、体重が増えやすい季節。ヘルシーメニューで対策を!
きのこには、代謝を高め、ダイエットをサポートするビタミンB群やオルニチンが豊富。特にエリンギには体脂肪低減効果もあります。合わせる水菜はきのこと同じく低カロリーな食材。きのこと水菜の噛み応えで満腹感も得られる、体重維持にピッタリな一品です。

レシピを見る レシピ動画を見る