きのこで菌活。

効果的な栄養補給で「肌荒れ」を改善!


 
今週のトレンドコラムでご紹介した「美肌スクワット&ストレッチ」、試してみましたか? どの年代の女性にとっても、気になるお肌の健康。特に季節の変わり目の秋は、肌がデリケートな状態になっています。
ピンクリボン月間に合わせて、自分の健康やカラダの見つめ直したい今月。カラダの中から肌に必要な栄養をしっかり補給する方法を、管理栄養士・料理家の磯村優貴恵さんにうかがいました。ポイントは、きのこと旬の食材の組み合わせ。秋の味覚を、ぜひ肌でも味わってみてください。

 

—————— 教えてくれたひと ——————

磯村優貴恵(管理栄養士・料理家)

関東学院大学人間環境学部健康栄養学科卒。大手ダイエットサロンに勤務中、食事指導で具体的なメニューや調理法を伝える必要性を感じ、退職後、3年間の料理経験を積む。現在は、子どもから大人まで家族みんながおいしく食べられるレシピや栄養情報を、誌面やウェブで発信。商品開発なども手掛ける。

 

食材の組み合わせで、美肌の相乗効果を

—— 編集部:今回は女性のカラダの悩みとして多い「肌荒れ」について教えてください。やはり食生活と「肌荒れ」には深い関わりがあるのでしょうか?

—— 磯 村:くすみにごわつき、ニキビに吹き出もの……。いくつになっても、肌に関わる悩みは絶えないものですよね。肌を作る素は食事からとる栄養素なので、もちろん大きな関わりがあります。
肌荒れを改善し、健康美人になるためには「食材の組み合わせ」も大事なポイントです。私たちの肌や髪の毛、爪は、すべてたんぱく質が土台となってできています。そのタンパク質はアミノ酸がいくつも合わさってできているので、健康的な肌を保つには、まずアミノ酸が豊富な、魚や肉などの食材を摂ることをおすすめします。
また、にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜に含まれる「カロテン」や赤ワインに含まれる「ポリフェノール」は、抗酸化作用がとても高いのが特徴。肌荒れの原因のひとつでもある、活性酸素による「酸化」を防いでくれる働きがありますよ。

—— 編集部:それらときのこを組み合わせることで、肌荒れが改善するんですね。

—— 磯 村:そのとおりです。肌のターンオーバーを促したり、炭水化物や脂質の代謝をサポートしてくれるビタミンB群が豊富なきのこを“美肌食材”に組み合わせると、肌に栄養が行き渡りますし、アンチエイジング効果も高まりますよ。

 

秋の肌ストレスにもきのこが効果的です

—— 編集部:秋は食べ物もおいしいから、美肌食材の効果もより高そうですね。肌のケアでこの時期ならではのポイントはありますか?

—— 磯 村:秋は気温や湿度の変化が大きく、心身へのストレスが増えやすい季節。食事や睡眠に気をつけているつもりなのに、季節の変わり目はどうしてもお肌の調子が安定しない、という方もいらっしゃるかと思います。そんな人へは、カラダの中からのストレスケアをおすすめします。

—— 編集部:たしかに、ストレスも肌荒れの原因ですよね。

—— 磯 村:そうですね、きのこは肌にいい栄養素が豊富ですが、特にマイタケには、ストレスによる皮膚機能低下を改善する働き(※1)が確認されているんです。ヘルシーで美肌成分がたっぷりのきのこは、ストレスに負けない肌づくりにも強い味方となりますよ!
きのこのほかにも、秋はおいしい食材がたくさん。旬のものには、肌にうれしい栄養素もたっぷり含まれています。さまざまな食材ときのこを組み合わせて、生き生きとした肌を手に入れてくださいね。

 

おすすめレシピ

カラダの内側から美肌を目指したい方へ。

 

【次週は、ふだんあまり意識することがない「骨」のお話。骨は、実は美容にも健康にも大きな影響を及ぼすそう。お楽しみに!】

 
※1 ストレスによる皮膚機能低下改善効果 日本薬学会第125年会(2005年)