きのこで菌活って

“健康によい”と話題の菌活。
中でも、菌そのものである「きのこ」で行う「きのこで菌活」がおすすめです。
「きのこで菌活」は、きのこを日常的に食べることで、体の中からキレイで健康になる…
そんな魔法のような生活習慣のこと。
きのこは菌そのものだけを食べられる唯一の食品。だから“菌食材の王様”と呼ばれているんです!菌のチカラを丸ごと美味しくいただきましょう!

菌=きのこ

菌という漢字は訓読みで「きのこ」。
菌食材の王様であるきのこは、
まさに菌活にぴったりな食材なのです!

きのこで菌活のオススメは、毎日1回以上きのこを取り入れた食事をすること。少しずつでも長く続けることが大切です。

寒い冬に実践したい「きのこで菌活」のポイントは・・・
冷えの予防には、しっかりと食べて、体内で熱を作ることが大切。 きのこには、代謝を促すビタミンB群や血流を良くするナイアシンが豊富です。

また、栄養素の吸収を高めるために、腸内環境を整えることが大切です。 きのこに豊富な食物繊維で“美腸”を作りましょう♪

風邪やインフルエンザの流行が気になりだす時期。 身体の免疫力アップには、きのこに豊富なβグルカンが効果を発揮します。

また、寒くなるととたんにお肌がボロボロになってしまうことも。 それは、寒さと乾燥からお肌の調子を崩していることが原因です。 肌のターンオーバーを整えるビタミンB群、冷えの解消に効果的な葉酸やナイアシンをしっかりときのこから摂取し、お肌の不調を予防しましょう♪

毎日のバランスの良い食事を習慣化して、健康な身体をつくりましょう♪

具体的なおすすめの「きのこで菌活」の効果は、
下記の6つ。
気になる効果をチェック!

きのこで免疫力アップ! 冬の不調を予防しましょう

風邪やインフルエンザにかかりにくい身体づくりに、きのこを活用。

冷えて血液の循環が悪くなると、免疫力の低下だけでなく、頭痛や肩こり、疲れ、便秘、肌荒れ、むくみ、不眠などなど、全身の不調を引き起こします。特にこの時期は空気が乾燥しているのでウイルスが活性化したり、粘膜が荒れやすかったりと、風邪やインフルエンザにかかりやすいタイミング。きのこには、冷え予防や血行改善、風邪予防に効果的な栄養が詰まっていますので、きのこを日々の食事に取り入れ、秋冬も元気に過ごしましょう!
【監修】管理栄養士・フードコーディネーター・健康運動指導士 渥美 真由美先生

「美腸」が育む健康的な美しさ。
毎日の食事から腸内環境を整える「きのこで菌活」

このように健康維持に欠かせない【腸の働きを良くすること】は、誰にとっても重要なこと。腸がきちんと働かないと、栄養素を充分吸収できないだけでなく、免疫力が低下して体調不良を起こす恐れがあります。つまり、腸は、食べ物を消化吸収し、外敵と戦い、健康を保ってくれる要なのです。冷たいものの摂り過ぎや、ドカ食い、ダラダラ食いを避け、きのこをはじめとする菌類や発酵食品を毎日摂る「菌活」で、腸内環境を整えましょう。
【監修】医学博士・管理栄養士 本多京子 先生

今おすすめのきのこレシピ

きのこと牛肉のスタミナトマトパスタ

身体を動かすエネルギーをつくるためには、エネルギー源となる糖質、それらを代謝するビタミンB群が欠かせません。血液の材料となるタンパク質と鉄を豊富に含む牛肉と、鉄の吸収を高めるビタミンC、さらに、きのこにも含まれる血液づくりを助ける葉酸などの栄養素を積極的に摂れるメニューです。

レシピを見る レシピ動画を見る