ちょっとうれしい情報をお届けします!

アーティスト・鈴木安一郎さんによるきのこの写真展 開催中!

原生林からきたきのこたち

 

キノコは、色彩やフォルム そしてディテールも美しく、 自然造形美の面白さを凝縮している。
─鈴木安一郎

アーティスト・鈴木安一郎さんによるきのこの写真展「 ─原生林から来たきのこたち─ 」が静岡県三島市の“さんしんギャラリー善”にて開催中です。

展覧会の様子
(展覧会の様子)

 

学生時代から平面作品を専門としてアーティスト活動をしている鈴木安一郎さん。ドローイングや写真などの作品を国内外で発表されており、幅広い活動の中で、その時代に合った表現方法で自分の世界を展開されています。

その中で今回は、近年取り組んでいるというきのこの写真展を開催。

encounters(オニナラタケの群生)
encounters(オニナラタケの群生)

 

鈴木さんときのこの出会いは、住居のある御殿場から富士山麓のキノコ採取に出掛けたことに始まります。天然のきのこに興味を持ち、採取しながら資料として撮影しているときに、その姿の美しさに惹かれ、写真作品として撮影するようになったそうです。

中でもシリーズ作品である“of virgin forest”は、フィールドで見られるきのこの姿とは別の、気品漂う姿に魅力を感じ、造形的な仕事に携わるものとして「図鑑的ではないきのこの魅力」を表現されているそう。

of virgin forest series ヒトヨタケ
“of virgin forest”series ヒトヨタケ

of virgin forest series ムラサキフウセンタケ
“of virgin forest”series ムラサキフウセンタケ

 

11月18日(土)14:00~は、鈴木安一郎さんご本人によるギャラリートークが予定されており、きのこと作品についてのお話を聴くことができますので、お近くにお住いの方は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

会場では希望者全員に、今回の出品作品を掲載したポスターカタログを配布しています。
(A2サイズ、表面ドクツルタケ、中面出品作品カタログ)

現在鈴木さんは「静岡木の子の会」会員でもあり、新聞の連載や書籍にまとめるなど活躍していらっしゃいます。
自然に息づくきのこの造形的な美しさを、カメラのレンズを通して表現した作品をお楽しみください。

■鈴木安一郎
1963年 静岡県駿東郡小山町生まれ
1989年 東京藝術大学美術学部デザイン科卒業
現在、女子美術大学、横浜美術大学、文教大学講師
静岡県御殿場市在住

■展覧会詳細
◇期間:2017年11月1日(水)~11月25日(土)
◇開館時間:10:00~18:00(最終日は17:00)
◇休館日:毎週木曜日(11月23日は開館)
※作家在廊日:土・日曜日
◇入場無料
【さんしんギャラリー善HP:http://www.sanshin-zen.jp/

◇ギャラリーの運営を行う佐野美術館のミュージアムショップでも、Tシャツやポストカードなどのきのこグッズを販売しています。
【佐野美術館:http://www.sanobi.or.jp/

※記事の一部は”さんしんギャラリー善”HP 寺坂厚子様による紹介文より抜粋しています

今おすすめのきのこレシピ

きのこたっぷりポカポカあんかけチャーハン

免疫力を整えて花粉症に備えるメニュー!たっぷりのきのこが入ったチャーハンで、早めに対策を始めましょう。
エリンギには花粉症の症状を和らげる“IgA”分泌増加効果が、マイタケには抗アレルギー作用があります。ねぎやしょうがにも強い殺菌作用があるので、きのこと合わせて摂ることでさらなる予防効果を発揮します。

レシピを見る レシピ動画を見る