トップページ » 知る・楽しむ » 菌食のススメ。

「菌活」(きんかつ)という言葉をご存知ですか?
その名のとおり、「菌を食べる」事の重要性をとなえた言葉です。

人は昔から菌を使った食品を食べたり飲んだりする習慣があります。さて、それはどんな食品でしょうか。日本の伝統食ではしょうゆ・みそ・漬物・納豆・甘酒など。外国ではパン・チーズ・ヨーグルトなどがあります。実はビール・ワイン・日本酒・焼酎などのお酒も菌類のちからを借りてつくられているんです。様々な食品づくりを影で支えた菌類は、まさに「人類の食文化づくりの立役者」とも言えるでしょう。

 きのこは現在の生物学では動物・植物の次の第三の生物群、「菌類」に分類されています。きのこを食べることもまた、「菌活」のひとつです。しかも、きのこは「菌そのものだけを食べられる」という点で、とても魅力のある「菌活」の王様と言えるでしょう。

昨今、菌類はわたしたちのからだの免疫力を高めてくれると、期待されつつあります。健康を保つには病気に負けない体づくりが大切です。そのためにも、「菌活」で元気に過ごしましょう。


きのこらぼ

きのこの菌活効果を高めるには、
炒め物や、パスタ、カレーもちろん毎朝のお味噌汁にも!


きのこレシピ きのこレシピ きのこレシピ きのこレシピ