ログイン

きのこレシピ

きのこのひんやりピクルス

きのこに多い食物繊維は腸内の老廃物の排出をサポート!腸内環境を整えることで、いつもでも健やかな肌に♪(レシピ:料理研究家 浜内千波)

きのこのひんやりピクルス

このレシピを保存

使用きのこ

調理時間5分

エネルギー60 kcal(1人分)

きのこのひんやりピクルス

材料4人分

  • エリンギ

    100g

  • ブナピー

    100g

  • ミニトマト

    10個

  • ☆酢

    150ml

  • ☆砂糖

    大さじ5

  • ☆塩

    大さじ1

つくり方

  1. エリンギは1cm厚さに切る。ブナピーは石づきを切って、大きめにほぐす。

  2. きのこをフライパンに入れ、フタをして中火弱で蒸し焼きにする。

  3. きのこに焼き目がついたら火を止め、ザルなどにあげて水気を切る。

  4. ☆の調味料をあわせたところにきのこ・爪楊枝で穴をあけたミニトマトを入れて漬け込む。

  5. ※漬けて30分ほど経ってからが食べごろです。ピクルス液は2〜3回使い回しできます。

菌活ポイント

運動をしようと思ったときに身体が重いなんてことはありませんか。きのこを上手に使って、カロリーを控えたおいしい食事を作りましょう!きのこはとても低カロリー、また食物繊維が豊富で食べ応えがあるので、きのこを使った副菜を1番最初に食べることで満腹感が得られ、食べ過ぎを防止できます。体重管理にはきのこがオススメ!作り置きできるピクルスなら冷蔵庫に入れて常備できます♪