マイページ

CSR

安全品質マネジメント

おいしいきのこを常に
新鮮な状態で
安定供給するために、
ホクトは独自の栽培技術と
万全な管理体制を整備しています。

無農薬栽培

無農薬栽培

きのこや栽培培地に対して農薬は一切使用していません。培地となる原料には、トウモロコシの芯を粉砕したコーンコブミールや米ぬか、ふすまなど植物由来の原料を使用しております。
これらの原料を使用した培地を対象に、重金属検査および残留農薬検査等を定期的に第三者機関にて実施し、培地の安全性を確認しております。

衛生管理の徹底

衛生管理の徹底

きのこを栽培するきのこセンターでは清潔第一をモットーに、日々の清掃と衛生管理を徹底しています。
外部からの汚染の可能性を極力抑えるため、立入が許されるのは原則担当者のみです。
作業員は、専用の作業着、マスクの着用が義務付けられており、入室時にはアルコールによる殺菌、作業靴の消毒、髪の毛や異物等の除去を行っております。

トレーサビリティ

トレーサビリティ

全生産段階において詳細な日報を記録しています。すべてのきのこの生産履歴・流通履歴を把握することで、何らかの問題が発生した場合にも迅速な対応が可能です。
日報には、培地の原料とその配合・温度・湿度・光量のほか、目視による生育状況や機械トラブルの有無までを記録しています。

自主検査

自主検査

包装されたきのこは、目視により1パックずつ品質チェックを行い、異物の混入および商品に問題がないかを確認します。検品を終えた商品は、全て金属検出機による検査を行い、出荷されます。
また、各きのこセンター間で品質に差のない、良質なきのこが生産されていることを確認するため、全きのこセンターのきのこについて、官能検査などの品質確認を定期的に行っています。

放射性物質検査

放射性物質検査

原子力災害対策本部が求める検査対象自治体の宮城県産、新潟県産、長野県産、静岡県産のきのこを対象に、ヨウ素-131、セシウム-134、セシウム-137についての放射性物質検査を毎月定期的に実施しています。
平成29年6月実施の検査で放射性物質が検出されないことを確認しております(平成29年6月更新)。

お客様相談室

お客様相談室

お客様相談室は、商品に対するご要望をお聞かせいただくと同時に、お客様が抱かれる疑問や不安を解消するための窓口であり、コミュニケーションの場として、丁寧な対応を心がけております。いただいた貴重なご意見は担当部署に確実に伝え、各部署の改善の指針とさせていただいております。

お客様相談室はこちら